HOME >  空前絶後の旨さ!!新潟・網獲り野鴨、本日入荷!

空前絶後の旨さ!!新潟・網獲り野鴨、本日入荷!

*新潟・潟東産・無双網猟物”野鴨”

 本日1月8日(水)入荷致しました。

何故?この鴨はそんなに美味しいのでしょうか?!

ポイントは二つあります。

1.渡った場所。

2.狩猟法(獲り方)

毎年シベリアから越冬の為に渡ってくる野鴨ですが、水辺(川、湖等)に渡ったものは、

魚を捕食しますので、結果生臭くなります。

一方、田園に渡ったものは、コメをついばみます。この米を常食した鴨は丸々太ります。

1.の渡った場所としては、米どころが理想的と言えます。

2.の狩猟法ですが、鴨は通常散弾銃で仕留めますが、当たり所により、

鴨が暴れ血が回ってしまい、食肉としては劣悪なものになります。

しかし、例外的な狩猟法として”無双網猟”というものがあります。

私も一度拝見しに参りましたが、狩猟解禁の11月15日前に田んぼの淵におとりの鴨を

十数羽置き、ガーガー言わせておきます。

あぜ道に沿って電動開閉する”無双網を設置し、おとり鴨の周りに”米”を撒いて

番小屋で夜を待ちます。(鴨は夜行性で夜中に餌をついばみます。)

番小屋で暖をとりながら、未明から朝方にかけ、スイッチ一押!文字通り一網打尽に

いたします。捕獲した鴨も首をキュッと締め、その後血抜きをします。

新潟・潟東地区は、「潟」という名の通り、水辺がある渡り鳥の集まるところだったのです。

地元では伝統的にこの猟で捕らえた獲物を、鴨鍋にいたしますが、

グツグツ煮てしまっては旨みがすべてスープに出てしまいますので、「もったいない!!!」です。

よく言う、「ロゼの火入れ」よりももう少し淡い火入れ、「ブルー」が

この素材を最も活かす焼き方です。

それも取り出した胸肉を1羽分丸ごと焼く、「バトー焼き」が最も美味しく焼くコツです。

世界に冠たる最高の和製ジビエ”新潟・潟東産・無双網猟物”野鴨”を是非お召し上がり下さい。

ワイン飲みには最高の冬のお料理です!

nogamo23Novembre13-4

 画像は1羽分の”バトー焼き”です。

 

一羽分で、3~4人前です。

4人前取った場合の価格は、1人前3180円です。

???????????????????????????????

空前絶後の旨さの新潟網獲り野鴨!

是非お召し上がり頂ければ幸いです。

ご予約をお願い申し上げます。

TOPへ戻る

本日のお食事・ワイン会など簡単にご予約いただけます!まずはお電話下さい! 048-649-6388 営業時間 火~土 16時から23時30分 日・祝日 16時から22時