HOME >  ワイン美食屋とは

ワイン美食屋 とらぬ狸へようこそ

気取らない。飾らない。気軽に寄れる店でありながら、 本物のワインの楽しみ方をどこよりも追求する。

これがとらぬ狸が標榜する「ワイン美食屋」の居酒屋スタイルです。

ブルゴーニュ、シャンパーニュ、ボルドーの仏3地方を中心に、オーナーソムリエである私が厳選した美味しいワインがグラスでお楽しみ頂けます。

おまかせ5種グラスワインセットは大変お値打ちで、ご好評を頂いております。

2001年1月より開始した、toratanuレア!ワイン会「10000円(外税)」は、間もなく200回、

シャンパーニュと4種のフランスブルゴーニュワイン古酒がコース料理と共にお楽しみ頂けます。

お一人の参加の方もいらっしゃいますのでお気軽にご参加下さいませ。

詳細は⇒http://toratanu.com/wineparty_op

ここでしか出会えないワインの味があります。

例えば鶏なら、三大地鶏、タマ軍鶏、天草大王等その時最高と思ったものを迷わずセレクト。現在はフラン スからチルドで取り寄せる“プーレジョーヌ”を使用しています。
又、特別なワイン会(スペシャル会以上)には文字通り世界最高の鶏“ブレス鶏”を用いています。

素材の良さを最大限に生かすことで、シャンパーニュの溌剌とした繊細な旨みと、ブルゴーニュ白の蜜のような芳醇な旨みと、ブルゴーニュ赤の妖艶な香り・味わいと、各々を単体で味わうよりも食の喜びが数段倍加いたします。

もう一つtoratanuの最大の特徴は、
古酒ワイン会にあります。

その中でもマニアのお客様より“toratanu味”と形容して頂ける、ブルゴーニュ白の古酒には悪魔的な魅力があります。

ブルゴーニュの白ワインは市場では通常10年経たものはまず皆無といっていいですが、toratanuの標準としては十数年経たものからがスタートとなります。

どんな魅力があるのかここでちょっと紐解きますと、最上の造り手による収穫より十数年経た村名ワインの場合、最適な温度そのものを相応しいグラスに注いだ時、純粋で清楚なその香りは、初夏から夏に咲く“タチアオイ”、5月に咲く“シャクナゲ”の清々しい香りがふわっと香り、それがプルミエ クリュ(1級)の場合はそれらの香りに蜂蜜を惑わす熟した蜜の芳香が被さります。

またその上のグラン クリュ(特級)の場合は、ゴシック様式の荘厳な佇まいを如実に現したミネラルの化身と言え、近寄り難きその姿から狂おしいほどの甘き蜜が溜ります。秘境の岩清水より蜜が溢れ出しているようです。持ったグラスを落としそうになるくらいのその衝撃は、体験をしてみなければわかりません。

Toratanuで白ワインの概念が変わったという方々が沢山いらっしゃいます。
そして、そんなシャルドネをToratanuでは「赤喰いの白」と呼んでいます。

その他にも、ブルゴーニュ赤、ボルドー赤、シャンパーニュ等の古酒は各々知られざる陶然とする世界が限りなく広がっています。そんな深くて甘美な世界に興味をもたれましたら、とらぬ狸に一歩足を踏み入れてみませんか。ご案内役は私が真摯に努めさせて頂きます。

1996年、大宮東口駅前に「とらぬ狸」をオープン。
当初3年は北海道の郷土料理屋として店長に運営を任せていたが、1999年より常駐するようになる。

以前より所有していたフランスワイン古酒を同ビル地下に順次運び入れ、ワイン好きのお客様にご案内しながら、徐々にワインファンを増やして行く。

前年店舗改装をし、ワイン販売が軌道に乗り始めた2001年1月、予てよりの構想を具現化したフランスワイン古酒ワイン会を開始。その後、ワイン会のバリエーションを増やし、とらたぬ=ワインというイメージをさらに強めていく。県外、あるいは海外のワインマニアも集うように。

2011年、旅行会社とタイアップし、最高の作り手たちからVIP待遇を受けるフランスワイン会ツアーを開始。単なる生産者訪問にとどまらず、ゲストハウスでの食事付きの試飲、モンラッシェ畑のピクニック等VIP待遇による生産者訪問がワインマニアの間で話題となる。

本日のお食事・ワイン会など簡単にご予約いただけます!まずはお電話下さい! 048-649-6388 営業時間 火~土 16時から23時30分 日・祝日 16時から22時